【業務】 Manufacturing control and adjustment

三重工場 業務課 課長補佐

渡辺 泰大 Yasuhiro Watanabe

こんな役割を担う仕事!

第二の営業とも言える製造拠点のセクションで、顧客からの注文確認や納期折衝、社内での生産調整や納期管理など、製品がつくられ物流にまわるまでの進捗を常に管理する、工場の司令塔となる仕事だ。
実際に生産現場に入ることはなく、もの造りの窓口としての機能に徹底している。また、本社にしかない総務を補うために、工場の総務役としても活躍し、人材の受け入れや備品の手配や管理なども担う。
事務職ではあるが、顧客折衝が多いため、年に数回は顧客への訪問も行い、リレーションを深めて円滑な業務の実現に努めている。もちろん社内でも積極的にスタッフ交流をはかり、ときには厳しい納期の対応にも気持よく応えてもらえるよう環境づくりに勤しんでいる。

【Message】
コミュニケーションとリレーション。その人間力が最大の武器になる事務職があります。

生産管理とは違って、お客様からの注文の窓口になって、数量や納期の折衝、社内調整を行う、お客様と製造の中間的な立場を担っている仕事なんです。正直いって、納期の厳しい注文もあるのですが、製造能力的にまったく無理な場合は除いて、製造に無理を聞いてもらったりもします。
逆に、これ以上の負荷をかけてしまうと大変なことになってしまいそうなときは、運送面の手配で調整したり、稀にお客様に可能な範囲で納期調整をお願いしたりすることもあるんです。そのあたり、持ちつ持たれつの関係で上手にお付き合いしています。業務の仕事にとって一番大切なことは、段取りをきっちりと行うことはもちろん、それ以上に人間関係を構築することだと私は思っているんです。
だから、日々のコミュニケーションやリレーションを重視することは、この仕事の中でもっとも大切なことですし、それをきっちりと意識して動ける能力の有無は問われると思います。
私の場合、元は営業マンでしたから、取引に人間関係は不可欠だと身体に染みついていたので、とても役立っています。事務職だから事務的に仕事をこなしていては、まず円滑にいきません。
やはり人間力というのは、大きな武器になるのだと、ここにきて再認識しましたね。