【営業(SI営業)】 Project Business & Sales (Photovoltaics institution field)

前田 泰宏Yasuhiro Maeda

こんな役割を担う仕事!

環境エネルギーとして太陽光発電の注目が高まり続ける中、奥地建産では、遊休地や建物の屋根部分を活用し、太陽光発電システムのトータル提案を行っている。元来の住宅用建築部材メーカーとして、金属加工や素材の腐食に関する研究開発を行ってきているため、その延長線上に太陽光モジュールの架台づくりがあり、その研究のために、大規模な太陽光発電所を実験施設として持っているため、施設の構築・運用・売電に至るまでを実数値化したノウハウとして保持する。また、建築関連で事業化してきた地盤対応の工法なども駆使し、運用面だけでなく工期の短縮や投資と利益のバランス、高効率化に関する潤沢なノウハウもある。それを総力してプランニング・プロデュースしていくのがこの仕事だ。

【Message】
単に太陽光発電施設をつくるというのではなく、その意義、長期的運用という価値を提供することが使命。

私たちが一番懸念していることは、流行や売電に着目しすぎて、低コスト短工期によって、質の悪い太陽光発電が普及していってしまわないかということなんです。太陽光発電というものは、もっと私たちの生活の中で浸透していかなければいけないもの。だからこそ、単なるコストダウンや発電させることだけを考えるのではなく、長期的安定運用の意義や重要性という視点はもちろん、太陽光システム・架台の断面や設計など、製品の作り方に至るまで、全体を見渡しつつ、導入をお考えのクライアントそれぞれが抱える課題にきっちりとアプローチして、解決していくことが私たちの役割だと考えています。自らをSI(システムインテグレーター)という立ち位置で、その存在価値を訴求しているのは、ただ単に構築するのではなく、常に半歩先をいくソリューション提案をし続けられるかを追及しているからです。そのためには、業界のトレンドを常に意識し、情報を集め、次世代製品の開発、新たな工法、今以上に効率的な運用などを模索し、クライアントが進むべき最良な解決法を導いていける、SIというよりもSV(スーパーバイジング)で付加価値を提供していかなければならないと思っています。