• “考える”“つくる”“やってみる”ソリューションメーカー。
  • OKUJI

考える

いつまでも求められ続けるために、最も厳しい基準で自分たちを評価しています。

太陽光発電システム用架台、住宅用鋼製資材、太陽光トータルソリューション事業(システムインテグレーター)、そのすべてにおいて、奥地建産は徹底した研究開発を続け、「安心・安全を提供していく」という永遠のテーマがぶれることないよう、ものづくりに注力しています。
これまでよりも安全で安心できる、強く優れた製品に進化させることだけに注力し、
いつまでも求められ続けるものづくりを邁進しています。

優秀な技術員が日々研究・技術開発に取り組んでいます。

大阪府松原市にある本社工場では、「品質基準の明確化」を目的とした、最新鋭の検査機器や研究・分析機器を取りそろえ、優秀な技術員が日々研究・技術開発に取り組んでいます。これまで1万体以上の実験を繰り返し、検証を行った結果、業界初となる溶接技術のデータ化にも成功。それら解析データを基に、様々な新工法を生み出しています。

つくる

品質から機能性までトータルな製品こそ、私たちが求め続けているものづくり。

木材が主流だった住宅用建築部材に日本初の金属部材を誕生させ革命を起こした奥地建産。
以来、25年以上にわたり、大手ハウスメーカーとの共同開発と自社開発製品に情熱を注いできました。
こうして業界に革命をもたらせた奥地建産ですが
目的はあくまで住まいの耐久性を高めたいという想いでつくりあげたもの。
これからも私たちの主力として、そしてさらに多くのお客様にご支持いただけるように、
ニーズをしっかりと掴み、鋼製下地システムとして設計・開発に邁進し、
これまで以上の住宅品質向上に貢献してまいりたいと考えています。

やってみる

最先端の製品を提供し続けること。それこそが循環型社会をつくること。

高品質・高耐久の太陽光発電用モジュール架台を提供するために、
奥地建産では、革新的かつ先進的な実証実験を全国各地で取り組んでいます。
南北に長い日本列島、太平洋側と日本海側という気象差の激しいエリアを選定した実験よって、
奥地建産独自で得たノウハウ・データをもとに、新しい製品開発に活かしているのです。
長期的な太陽光発電システムの普及こそ、私たちが求めている循環型社会。
そして循環型社会で経済活性を実現していくことが、私たちの目標です。
そのために私たちは、研究、努力、開発をおしまず、貪欲に追い求めて続けていきます。

  • 応用技術・開発

    壁面傾斜設置型 太陽光発電システム実証実験 【中部国際空港】

  • 実践導入・検証

    国内初Grid Parity(電力の自給自足)型工場 【弊社福島工場】

  • 特殊環境下での環境試験・研究

    積雪地帯での架台導入 【富山県・新潟県】

  • NEDOとの共同研究

    太陽光発電多用途化実証プロジェクト【いわき明星大学敷地内】