太陽光トータルソリューション事業(システムインテグレーター)

もの造りやその研究のために得た”生きたデータ”を駆使して、次代を担うエネルギー源となる太陽光発電施設のプラントエンジニアリング事業として、新しく事業化したのが太陽光トータルソリューション事業です。
奥地建産では、これをSI(システムインテグレーター)と呼び、メガソーラー発電所の建設でのコンサルティング、プラントや売電事業を運用していく上でのソリューションを行い、メーカーという形にこだわらず新しいビジネス分野として、大きく力を入れていれています。

太陽光発電事業

製品の金属腐食や塩害腐食の実環境試験施設を兼ねて、奥地建産では奈良県葛城市にメガソーラー施設があります。
ここでは、メガソーラー発電プラントの基礎工事から付帯関連工事の設置試験や環境試験なども行い、運用・保守面に至るまで運用シミュレーションや様々なデータを採集し、太陽光トータルソリューション事業に応用しています。
もちろん、実発電も行っていますから、売電事業としての機能も持つ、奥地建産の中でも複合的な役割を担っているのです。

太陽光発電用架台製造事業

住宅用内装部材での素材研究や加工技術を応用し、奥地建産流のこだわりのもの造りで、現在大きくシェアを拡大してきているのが、この太陽光発電用架台製造事業。
産業用から家庭用まで幅広く展開し、サンキャッチャー、サンフレックスといったオリジナルブランドでも知られています。
震災以降、自然エネルギーへの関心が高まり、太陽光モジュールの設置を望むお客様が多く、高次元の耐腐食性能と業界では類を見ない20年の長期保証を実現しております。家庭用架台では約20%という高いシェアを誇っています。

住宅用内装部材事業

大手ハウスメーカーが製造する住宅建築用の住宅用鋼製資材や住宅基礎溶接鉄筋を設計開発・製造しています。
一部既製品は存在するものの、ほとんどの製品はクライアントと共同で企画するオリジナル製品。昭和30年の創業以来、奥地建産はこの分野をコア事業として、技術力・開発力を磨き、多くの実績を積んできました。
現在、様々な分野に事業を拡大してこれたのも、この住宅用内装部材事業があったからこそ。まさに奥地建産の原点ともいえる事業なのです。